やりがいのある貿易事務に就職しよう【転職エージェントを賢く利用】

成果が形に残る

面接

働く魅力とは

現在の日本は大きな国際的イベントを控えているため建築ラッシュの状態であり、現場監督の求人も多い状況です。現場監督とは、工事現場で指揮、采配を行う仕事をさします。施工管理ということもあり、その名の通り工事の進捗状況を管理し、遅れやミスなどがないかを確認するのが主な仕事です。公共建築物の場合は書類が多いのでデスクワークも発生しますが、そうでない場合は主に現場に出て管理と指示を行うのが主な仕事です。現場監督求人の魅力は、携わった仕事が具体的に形に残るということです。建物が残ることで、自分の仕事ぶりを目にすることができます。道路工事などの場合でも同様で、具体的に自分のした仕事がわかるというのはわかりやすい達成感につながります。納期などが決まっている場合、納期に合わせて完了できたということもやりがいにつながります。また様々な現場にいくことが多いのですが、そのいずれもがよい経験となるのも魅力です。未経験者可の求人は少なく、その分経験が重視されるという特徴があります。そのため経験者は常に求人がある状態で、重宝されます。一つの現場を確認するごとに一つ一つ経験が積み重なり、確実にスキルアップしていくことができます。時給の高さも魅力です。経験ある現場監督だと時給2000円近くになることも多く、派遣やバイトといった働き方でもそれなりの稼ぎになります。こうした各種の魅力があり、近年は女性の現場監督も増えています。

Copyright© 2018 やりがいのある貿易事務に就職しよう【転職エージェントを賢く利用】 All Rights Reserved.